誰もが憧れるキレイなピンク色の乳首。一方わたしは…そんな風に自信を失くしていませんか?生まれつきだと諦めないで!きちんとケアすれば、黒乳首だってキレイになれるんです!

トップページ > 黒乳首をケアする薬用美白クリーム

人には聞きにくい…乳首のケアってどうしてる?

 

乳首や乳輪の色が濃くて気になる…そう感じていても人にはなかなか言いづらいですよね。

 

温泉や更衣室なんかで他の人と自分をこっそり比べてしまうこと、ありませんか?

 

中にはすごくキレイなピンク色の乳首の人もいるし、反対に、どうしたの?ってくらい黒ずんでしまっている人も。

 

ピンク色の乳首と真っ黒な乳首。
いったい何が原因でこんなに差がでてしまうのでしょうか?

 

 

乳首が黒ずむ原因は?

 

「日本人は黄色人種だから乳首も色が濃くて当たり前」と思っている方は多いようですが、これは誤解。

 

日本人も、もともとはピンクや薄いベージュの乳首なんです。
キレイだったはずの乳首がいつの間にか黒ずんでしまう、その原因は『メラニン色素』

 

メラニン色素といえば、日焼けやシミの原因として知られていますよね。
紫外線に反応して活発になるということも。

 

あれ、ちょっと待って。
乳首なんて普段服に隠れてて紫外線に当たってないよね?

 

そう思う方も多いのでは。

 

じつは、メラニン色素が生成される原因は紫外線だけではないんです。
乳首や乳輪の黒ずみの場合、メラニン色素が活性化される原因は大きく分けて3つあります。

 

 

服や下着による刺激

 

乳首は普段、服や下着とたえず触れ合っています。その摩擦や刺激によって、メラニン色素が活性化してしまうのです。
体の中でも、よく動かしたり擦れ合ったりするワキやヒジ、ヒザ、足の付け根などは他の場所と比べて黒ずみやすいですよね。
同じように、乳首や乳輪も色素沈着が起こりやすいパーツなのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れによっても、メラニン色素は活性化されます。
特に女性ホルモンのひとつ、黄体ホルモン(プロゲステロン)はメラニン色素を増やすといわれています。
生理前に肌荒れが起こったりシミやソバカスが濃くなったりするのも、生理前に多く分泌される黄体ホルモンの影響。
生理前後の乱れなら自然に戻りますが、慢性的にホルモンバランスが崩れてしまうと、色素沈着もより強く起こってしまいます。

 

ストレス

 

最後に、ストレスも大きな原因です。
ストレスを強く感じた状態だと、肌のターンオーバー機能が低下してしまいます。
日焼けが徐々にさめていくように、メラニン色素はターンオーバーという肌機能によって上へ上へと押しだされ、やがては肌から離れていきます。
この機能が停滞してしまうとメラニン色素がなかなか排出できず、色素沈着が起こってしまうのです。

 

 

乳首の色を薄くする方法は?

日々の習慣で黒ずんでしまった乳首を元の色まで戻す方法はあるのでしょうか。

 

答えはYES!
大丈夫、ちゃんとあります。

 

大きく分けると
『美容クリニックなどで行うレーザー治療』
『自宅でこまめに行うセルフケア』の2つがあります。

 

どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますが、順番に紹介していきますね。

 

 

レーザー治療の場合

レーザー治療は、光照射によって黒ずみの原因であるメラニン色素を除去するものです。
2週間から4週間の間隔で、5~10回程度通院するのが一般的。効果が出やすい代わりに費用が高く、10~30万程度かかります。
(1回2~4万程度。保険はききませんが回数を重ねると若干割引が適用されます)
施術のあとは肌が敏感になり刺激を受けやすいので、専用のクリームなどによる保湿が必須です。

 

メリット
効果が出やすい

 

デメリット
価格が高い
通院の手間がかかる
効果がまばらに出ることがある
施術後の適切なケアが必要

 

 

セルフケアの場合

誰でも簡単に始められるのが、自宅でできるセルフケア。
乳首のようにデリケートな部分にも使えるクリームを入浴後などに毎日塗り込みます。

 

メリット
価格が安い
自宅で気軽にできる
乳首以外の場所も一緒にケアできる

 

デメリット
効果を実感するのに1ヵ月程度かかる

 

 

レーザー治療とセルフケアのどちらにもそれぞれメリット・デメリットがありますが、最初に試すなら断然セルフケアの方がおすすめ。

 

レーザー治療を行うにしても、どっちみち施術後のケア用にクリームが必要となります。
まずは費用負担の少ないセルフケアを試して、様子を見てみると良いですよ。

 

乳首用ケアクリームの選び方


乳首は非常に刺激に弱い部分です。
(乳首が性感帯なのもデリケートな部分だから)

 

クリームの選び方を間違えてしまうと、刺激を与えてかえって黒ずみが悪化してしまうこともあるので、ケアするときは必ず低刺激のものを選びましょう。

 

肌に刺激を与えやすいアルコールやパラベン、そのほか香料や着色料などの不要なものは一切含まれていないもの、できれば『乳首用』に作られたクリームを選ぶと効果も出やすくベストです。

 

 

そして、最も注目すべきところは美白効果!
シミやソバカスに美白成分が有効なのと同じように、メラニン色素が原因の乳首の黒ずみにも美白成分の働きが必須です。

 

美白成分が充分に効果を発揮するために、メラノサイト(メラニン色素を生成する細胞)が存在する『基底層』まで届く浸透性の高さも大切なポイントです。

 

こういったポイントを踏まえたうえで、私がおすすめする乳首用のクリームがこちら!

 

薬用クリームの『ホワイトラグジュアリー プレミアム』

 

ユーザーの満足度が94.8%というほど高評価の『ホワイトラグジュアリー プレミアム』

 

乳首の黒ずみのために作られたものだから、アルコール・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・香料・着色料無添加のとっても低刺激なクリームです。

 

ホワイトラグジュアリーの1番の特徴は3種類のビタミンC
即効型、中間型、持続型のビタミンCを独自に処方することで、通常のビタミンCよりも長時間効果的に働き、肌の深く『基底層』まで浸透します。

 

乳首はもちろん、ワキやデリケートゾーンなど全身どこにでも使えるのが嬉しいところ。
また、黒ずみケアだけじゃなく、乳首のブツブツ(モントゴメリー腺)を目立たなくさせるのにも効果的なんですよ。

 

 


ホワイトラグジュアリーの詳細はこちら

 

ホワイトラグジュアリーは通常価格が9,980円+送料540円ですが、定期購入に申し込むと4,000OFFの5,980円で購入が可能!

 

しかも2回目以降もずっと同じ値段で送料無料なので、長く使いたい方には定期購入がおすすめです。ちなみに定期購入は、3回目以降はいつでも解約できますよ。

 

ホワイトラグジュアリーの詳細はこちら

 

デリケートゾーンの黒ずみケアはこちら